目玉焼きとジャコのドライアヒージョ

アヒージョとかドライアヒージョって、あまり理解していないが、目玉焼きのドライアヒージョはよく食べる。参考にしたレシピではシラスだが、ここではチリメンジャコを使っている。シラスの方がうまい。でも、シラスは日持ちしないのでタイミングを合わせるが難しい。その点、チリメンジャコは買ってきてすぐに冷凍庫に入れておけば結構持つので、思い立ったときに目玉焼きのドライアヒージョに使えるので重宝する。シラスの方がうまいけど、ジャコだってうまい。

《材料 / 1人前》

  • 卵:1コ、あるいは2コ
  • チリメンジャコ:適量
  • ニンニク:適量(みじん切り)
  • 赤トウガラシ:適量(小口切り)
  • ハーブ(ここで使ったのはレッドサラダ):適量(刻む)
  • オリーブオイル、塩、黒コショウ:適量

《作り方》

  1. フライパンにオリーブオイルとニンニク半量、赤トウガラシを入れて弱火にかける
  2. 香りが立ってきたら卵を割り入れる
  3. チリメンジャコを散らす(シラスだったら卵の白身の縁がこんがりしてから)
  4. 卵の白身がこんがりしてきたら残りのニンニクを散らす
  5. 全体に火が通ったら軽く塩をふる
  6. 器に移して黒コショウをふる
  7. ハーブを散らす

《参考レシピ》

  • 『エル・ア・ターブル』no.44 2016年9月号 別冊付録 p4 「ヘビロテ必至! バル生まれの人気メニュー アヒージョでおかず革命」特集の中の「目玉焼きとシラスのドライアヒージョ」

《メモ》

  • 最後に散らすハーブは、参考レシピではイタリアンパセリ。ぼくは冷蔵庫に残っているハーブ類を適当に散らしている。ただし、バジルとかミントなど個性の強いものは他のハーブに混ぜて少しだけ使うとかする。

ルッコラ、アップルミント、バジルのペペロンチーノ

昨日に続いて昼食はハーブたっぷりのペペロンチーノが続く。

《材料 / 2人前》

  • ロングパスタ:フェデリーニ(1.4mm)140g
  • ニンニク:2片(つぶす)
  • オリーブオイル:大さじ3
  • 赤トウガラシ:2本
  • ルッコラ:たっぷり
  • アップルミント:少量
  • バジル:少量
  • 塩、粗挽き黒コショウ:適量

《作り方》

  1. 鍋に湯をわかして塩を入れ(1.5リットルに塩大さじ1の割合)、ロングパスタをゆで始める
  2. フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れ弱火でじっくりと炒める
  3. ロングパスタをゆであげる直前に、②のフライパンを火からはずし、赤トウガラシを入れてオリーブオイルとさっとからめる
  4. ロングパスタは目安のゆで時間より少し短めにゆであげる
  5. フライパンを火にかけて、①のロングパスタとゆで汁をおたま2杯分を入れて火を強めて1分ほど炒め、全体をからめる
  6. 器に盛って、粗びき黒コショウをふって、ルッコラ、アップルミント、バジルをかける

《参考にしたレシピ》

  • 雑誌『クウネル』2016年5月号 p51 コウケンテツさんの「ハーブたっぷりのペペロンチーノ」

《メモ》

  • 「作り方-⑤」の作業が重要。強火にするが、そこへゆで汁を入れると蒸発した熱湯が飛び散るので危ない。先にロングパスタを入れてからゆで汁を入れるのがいい。ここは弱火にせずに強火で大胆に手早くやるべきで、何度もして慣れる必要があると思う。

レッドサラダのペペロンチーノ

寒くなってきてハーブ類がうまくなってきた。このペペロンチーノはオーガニック野菜売り場で「レッドサラダ」の商品名で売っていたハーブをかけたもの。やわらな歯ごたえ、ちょっとだけ苦味のある優しいハーブ。

《材料 / 2人前》

  • ロングパスタ:フェデリーニ(1.4mm)140g
  • ニンニク:2片(つぶす)
  • オリーブオイル:大さじ3
  • 赤トウガラシ:2本
  • レッドサラダ(ハーブ):たっぷり
  • 塩、粗挽き黒コショウ:適量

《作り方》

  1. 鍋に湯をわかして塩を入れ(1.5リットルに塩大さじ1の割合)、ロングパスタをゆで始める
  2. フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れ弱火でじっくりと炒める
  3. ロングパスタをゆであげる直前に、②のフライパンを火からはずし、赤トウガラシを入れてオリーブオイルとさっとからめる
  4. ロングパスタは目安のゆで時間より少し短めにゆであげる
  5. フライパンを火にかけて、①のロングパスタとゆで汁をおたま2杯分を入れて火を強めて1分ほど炒め、全体をからめる
  6. 器に盛って、粗びき黒コショウをふって、ハーブをかける

《参考にしたレシピ》

  • 雑誌『クウネル』2016年5月号 p51 コウケンテツさんの「ハーブたっぷりのペペロンチーノ」

《メモ》

  • 「作り方-⑤」の作業が重要。強火にするが、そこへゆで汁を入れると蒸発した熱湯が飛び散るので危ない。先にロングパスタを入れてからゆで汁を入れるのがいい。ここは弱火にせずに強火で大胆に手早くやるべきで、何度もして慣れる必要があると思う。

アジの干物入り野菜サラダ

焼いたアジの干物の身をほぐして野菜サラダに混ぜた。

《材料 / 2人前》

  • アジの干物:1枚(焼いて、身をほぐす)
  • キャベツ:葉を3枚ぐらい(細く刻む)
  • ビーツの若葉:適量(荒く切る)
  • オカワカメ:適量(荒く切る)
  • ゴマ油:大さじ1
  • 米酢:大さじ2
  • 黒コショウ:適量
  • 塩:小さじ半分
  • レモン:適量

《作り方》

  1. 野菜をボールに入れてゴマ油を加えてよく和える
  2. アジの干物、黒コショウ、塩を加えてよく和える
  3. 米酢を加えてよく和える
  4. 皿に盛ってレモン汁をかける

《メモ》

  • サラダに干物を加えるとしつこい味になるので、ビーツの若葉とかオカワカメなどクセの強い葉物が合う

ラタトゥイユの煮込みパスタ

9月15日のラタトゥイユ・ソースを使ったパスタ。

《材料 / 2人》

  • ラタトゥイユ・ソース:おたま4杯
  • 生バジル:適量
  • パルミジャーノ レジャーノ:適量
  • ロングパスタ(タリアテッレ):適量

《作り方》

  1. フライパンにラタトゥイユ・ソースを入れて温める
  2. ドライバジルを入れる
  3. ゆで上がったロングパスタをソースの鍋に入れフタをして煮込む
  4. 皿に盛ってパルミジャーノ レジャーノをふりかける

白ズッキーニを買う

滋賀県の琵琶湖北部で無農薬野菜を作っている生産者さんが、野菜を近所へ持ってきて売っている。最近はこの白ズッキーニが多い。大きさに関わらず1個100円。大きいものは熟して種が硬くなっているので、その部分は捨てている。その点、小さいものの方がいいのかもしれない。切ってしまえば普通のズッキーニと同じ感じだが、ぼくはこれをもっぱらピクルスに漬けている。白い身がとてもきれいだ。

ネットで調べたら、UFOズッキーニ、または円盤型ズッキーニという名称だった。調理や栄養価は普通のズッキーニと変わらないそうだ。カリウム、ビタミンC、カロテンが多い。

散骨サイト:ズッキーニ(Zucchine)/クルジェット(Courgette):旬の野菜百科

オクラのカレー(スリランカ風)

多めに作って2、3回で食べている。最初、ココナッツミルクがなかったので、猛烈に辛かった。ココナッツミルクを加えると美味しい辛さになる。

《材料 / 5、6人前》

  • オクラ:10〜15本(ヘタを落として2、3コに輪切り)
  • トマト:2コ(さいの目に切る)
  • 青トウガラシ:1〜2本(細かく刻む)
  • 赤タマネギ:小1コ(粗みじん切り)
  • ニンニク:3片(みじん切り)
  • 乾燥赤トウガラシ:みじん切りで小さじ1と半分
  • ココナッツミルク:150cc
  • ココナッツオイル:適量
  • 以下調味料
  • チリパウダー:大さじ1
  • ターメリック:小さじ2
  • カレーパウダー:大さじ1
  • 塩:大さじ1

《作り方》

  1. 鍋にココナッツオイルをひいて熱する
  2. 調味料、トマト、青トウガラシ、赤タマネギ、ニンニク、赤トウガラシを加える
  3. 香りが立ったらオクラを加えてフタをして、オクラがやわらかくなるまで煮る
  4. ココナッツミルクを加えて、全体に軽く火を通す

《参考レシピ》

  • 『エル・グルメ』2017.09 no.04 p105

《メモ》

  • レシピにはカレーリーフ(乾燥のものでも可)約10枚、パンダンリーフ(なくても可)2枚が載っている。今は入手していないので入れていない。そのうち探すつもりだが、今はなくても十分にうまい。

パイナップルを食べる

オーガニック野菜を売ってる野菜屋で沖縄産無農薬パイナップルを購入。1,200円(内税)。ぼくの買う果物としてはかなり高価。でも前に買ったバナナがムチャうまかったので、たまにはいいかもと自分に納得させて買う。

丸ごとのパイナップルを買うのはほとんど初めてだから、切り方が分からない。サイトページ『簡単!パイナップルの葉の取り方と切り方 by めかまはぉ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが275万品』を参考にして切った。また、このページによると置いておいても追熟しないという。部屋にパイナップルの甘い香りが漂うのも良かったが買って3日目に切って食べた。

値段から二人で2回に分けて食べてもいいか、と思ったが意外と身は少なくて一度に食べた。皿に盛った写真が一人前。そりゃー、期待通りの美味しさで満足満足。